ギリシャ旅行案内では、ギリシャ旅行に役立つ情報を募集しています。ギリシャを旅行された方、ギリシャにお住まいの方からのコメントをお待ちしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スニオン岬 photo by Ava Babili
Photo : Ava Babili
Creative Commons : by,nc,nd 3.0







スニオン岬

Cape Sounion
Aκρωτήριο Σούνιο
(アクロティリオ・スニオ)


スニオン岬は、アッティカ半島の南端に位置する景勝地です。岬には、紀元前440年頃に建造された、海神ポセイドンを祀る神殿の遺跡があり、当時は34本あった柱のうち15本が、現在も当時のままの高さで残っています。

スニオン岬には、遺跡の他にはレストランが1軒あるのみで、他には何もありません。にもかかわらず、この地が人気を集める理由は、ここが夕日を眺める最高のスポットだからです。アテネから南に、およそ70kmと離れていますが、もし時間が取れるようでしたら、ぜひ訪れたい場所です。ギリシャに来たことを強く実感でき、きっと思い出に残るでしょう。あるいは、早めにアテネを出発して、岬の下で海水浴を楽しむのも良いでしょう。

スニオン岬へは、レンタカーやアテネ市内から出ている公共のバスを利用するか、いくつもの旅行会社が主催しているツアーに参加する形で訪問可能です。アテネ市内からスニオン岬へは、シンタグマ広場のバス停(海岸沿いコースのみ)と、国立考古学博物館の北側に位置する、エギプトゥ広場のバスターミナルから(別途、遺跡への入場料が必要)。到着までは、およそ2時間掛かります。

神殿から日没を楽しみたい方は、注意が必要です。日没時刻は季節によって大きく変わり、7・8月には21時頃にならないと沈みませんが、9月では19時半頃、3月では17時半頃には沈みます。夕日目的でスニオン岬を訪れるならば、必ず日没時刻の確認をしておきましょう。なお、余韻に浸りながら、遺跡すぐ横のレストランで食事をしたい方は、公共のバスですと、季節によっては、日没後すぐに最終バスが出るようになっていますので、バスの時間をチェックし、時間が合わない場合はレンタカーの利用や、レストランでの食事も含んだツアーの利用も検討した方が良いでしょう。


■ スニオン岬の日没風景
■ スニオン岬ツアー
■ スニオン岬と岩牢

スニオン岬 photo by Ava Babili

     スニオン岬のポセイドン神殿
     Photo : Ava Babili
     Creative Commons : by,nc,nd 3.0

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://girisyaneko.blog64.fc2.com/tb.php/27-2e70822c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/10/28(日) 23:30:00 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。