ギリシャ旅行案内では、ギリシャ旅行に役立つ情報を募集しています。ギリシャを旅行された方、ギリシャにお住まいの方からのコメントをお待ちしています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ギリシャの出入国情報 :


≪パスポートとビザ≫

日本国籍のパスポートの場合、必要な残存有効期間は、ギリシャ入国時に少なくとも3ヶ月と、ギリシャ滞在する日数分です。また、ギリシャを含むシェンゲン協定国の滞在は、総日数で90日までは、ビザ不要です。つまり、例えばフランスで20日、ドイツで30日滞在した後でギリシャに滞在する場合、ビザなしで滞在できる日数は40日までとなります。

なお、シェンゲン協定国は、オーストリア、フランス、ギリシャ、ルクセンブルク、ポルトガル、ベルギー、ドイツ、イタリア、オランダ、スペイン、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、アイスランド、チェコ、エストニア、ハンガリー、ラトヴィア、リトアニア、マルタ、ポーランド、スロヴェニア、スロヴァキアの、24カ国です。

※ ビザや長期滞在などに関する詳細は、ギリシャ大使館領事部にお問合せください。

                    http://www.greekemb.jp
                    Tel : (03)3403-0871
                    Fax : (03)3402-4642


なお、ギリシャの出入国の際に出入国カードの提出は不要ですが、シェンゲン協定国圏外から到着の場合は、パスポートおよび手荷物の検査が行われます。

また、当たり前ですが、外国人が自国外に滞在している間は、「常にパスポートを携帯する」のが基本です。とは言え、宿泊施設にチェックインする際や国際便のフェリー等のチケットを買う(&搭乗・乗船する)とき以外は必要にならないことが多いため、実際には持ち歩かない方も多いと思います。しかしギリシャでは、近年、特にアルバニアからの密入国者が相次いでいるため、国内のみを走る長距離バスであっても、検問のために停車させられることがあります。きちんとパスポートを持っていれば(携行していれば)全く問題ないのですが、バスのトランクに積んだ方の荷物に入れてあったなど、検問の際に、その場で出せなかったら、、 預けた荷物共々降ろされ、尋問される可能性もあります。移動の際は必ず、すぐ取り出せるところにパスポートを入れておくことをお勧めします。


スポンサーサイト
ギリシャの出入国情報 :



ギリシャの出入国の際に出入国カードの提出は不要です。シェンゲン協定国圏外から到着の場合は、パスポートおよび手荷物の検査が行われます。

シェンゲン協定国 :
オーストリア、フランス、ギリシャ、ルクセンブルク、ポルトガル、ベルギー、ドイツ、イタリア、オランダ、スペイン、ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フィンランド、アイスランド、チェコ、エストニア、ハンガリー、ラトヴィア、リトアニア、マルタ、ポーランド、スロヴェニア、スロヴァキア



≪持ち込み品の免税範囲≫

■ 個人の旅行用手荷物

衣料品、化粧道具、スポーツ用品、キャンプ用品、パソコンなどの電気製品、アマチュア用のカメラ、ビデオ・カメラなど短期滞在の旅行に必要な一般的旅行用品。ただし、パソコン、カメラ、ビデオ・カメラ、スポーツ用品などは同一種類1個までで、ギリシャ出国の際は持ち帰ることが条件です。


■ アルコール飲料

1リットルまたはワイン2リットルまで。


■ タバコ

紙巻タバコ200本または葉巻50本、シガリロス100本、刻みタバコ250gのいずれか。(18才以下は不可)


■ おみやげ品

総額が170ユーロを超えない範囲。



≪その他、持ち込み制限及び持ち出し制限≫

■ 医薬品、ドラッグ類

税関の検査は厳重ではないかもしれませんが、ドラッグ(麻薬)を持ち込んだことが発覚した場合、厳しい処罰が課されます(※)。常用している薬がある場合、英語等の成分表示がある場合は良いですが、処方薬など成分表示が無い場合は、(英語で)一筆書いてもらうか、処方箋を持っていく方が良いでしょう。また、鎮痛薬として広く使用されているコデインは、ギリシャでは違法です。持っていても大したことにはならないと思いますが、没収は覚悟のこと。

※1987年8月に行われた麻薬取締りに関する法律の改正に伴い、罰則は最高で無期禁固及び約60万ユーロ以下の罰金という、極めて厳しいものとなりました。麻薬やこれに類似した不法薬物を持ち込んだ者はもちろん、麻薬を入手・使用した者にも重い刑罰が科されます。


■ 骨董品、美術品など

骨董品(古物)の中には、国外への持ち出し(あるいは日本国内への持ち込み)が制限されているものがあります。購入する際にはよく確認してください。また、遺跡内の遺物や敷地内の石等についても、持ち出したりすると、窃盗罪などに問われ、重い刑罰が科せられます。遺跡内の全てのものは、絶対に持ち出さないでください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。